横四方固め コツ 柔道上達革命 DVD 田口教継 練習法

横四方固めのコツ

横四方固めを決めることが出来ますか?
横四方固めとは、相手を横から抱えるようにして抑え込む技です。

 

 

そして、相手を動けないようにするには肩を決めることがコツです。
その為、相手の頭と肩の間に自分の肩を入れ込んで体重をかけ、肩と首を制することでしっかり抑え込むことが出来るようになります。

 

 

そんな横四方固めのやり方は、左手を相手の右横から首の下を通し、左襟を握って脇を締め締め、左腕と肩、胸で上半身を抑え込みます。
一方、右手は、股の間に差し入れて下ばき、もしくは上着の裾を握り、手首を返して下半身を抑え込みます。

 

 

また、この時には相手の頭側の左足を伸ばし、右膝は曲げて相手の体につけ、足をからまれないようにします。
このようにして相手の上半身と下半身を同時に抑えることで、相手は動いても逃げれなくなります。

 

 

立って組み合っている状態から、投げ技をかけきれなかった場面でも、すぐさま寝技に移行出来れば、試合で効果的な技術になり、勝率もアップする筈です。
小学生でも横四方固めは決まりやすい寝技なので、この機会にしつかり身につけておきましょう。

 

 

なお、抑え込むまでの流れは状況によって様々なので、練習に取り組む中で多くのパターンを学ぶことが上達し強くなる為には大切です。

 

 
購入者の声 柔道の基本 投げ技のやり方 寝技(固め技)のコツ 連絡技のコツ リンク集