柔道上達革命 DVD 田口教継 練習法 寝技 コツ

寝技(固め技)のコツ

柔道では立った姿勢から技を掛ける投技に対して、寝技(固め技)があります。これを覚えると技の幅が広がり、より強くなれます。
ここではそんな柔道の寝技のコツからやり方について解説しています。柔道が上達し強くなる為の参考になれば幸いです。

寝技(固め技)のコツ記事一覧

袈裟固のやり方

柔道の寝技の中の抑え込み技である袈裟固(けさ固め)は、相手の片方の腕をがっちりと抱えて制し、相手の肩上から首の後ろに手を回して、体の横側から自分の上体と腰を押し付けて抱え込む技になります。この袈裟固の最も重要なポイントは、相手の抱えた腕を完全に制することです。したがって、技に入ったら力を最後まで緩め...

≫続きを読む

 

横四方固めのコツ

横四方固めを決めることが出来ますか?横四方固めとは、相手を横から抱えるようにして抑え込む技です。そして、相手を動けないようにするには肩を決めることがコツです。その為、相手の頭と肩の間に自分の肩を入れ込んで体重をかけ、肩と首を制することでしっかり抑え込むことが出来るようになります。そんな横四方固めのや...

≫続きを読む

 

立ち技からの寝技

柔道の試合で勝つには、立ち技(投げ技)から逃げられても寝技に移行出来るようにすることも必要です。よく試合では、投げ技を嫌がって四つん這いになって逃げることもありますが、そんな時には袈裟固めに移行するのも一つの方法です。例えば、体落としで投げようとして相手を崩しに入った時に、膝を落として来たら引き手で...

≫続きを読む

 
 
購入者の声 柔道の基本 投げ技のやり方 寝技(固め技)のコツ 連絡技のコツ リンク集