柔道上達革命 DVD 田口教継 練習法 膝車 やり方 コツ

膝車

足技は、相手の動きを読みとり、一瞬の隙を狙い足をかけます。その一つである膝車は、相手の膝につっかえ棒を置くように膝頭の下を支点にして相手のバランスを崩して投げる技です。

 

 

やり方としては、自然体でつり手、引き手をつかみ、相手を右方向に引き出し、相手が立て直そうとする反動を利用して右膝に自分の左足を出し、円を描くように相手の上体を崩します。

 

 

引き手は斜め前に引きだし、つり手は道着を握った拳で、相手の顎を突き上げるようにして、顔を横に向け、ハンドルを回すように手を使いながら同時に体を回し、体を後ろに反らしながら投げます。

 

 

上半身と下半身の動きと同時に腰をひねるようにすると膝車の技のきれがよくなります。

 

 

そして、最後まで手は離さないようにします。
また、足のかけ方は、相手の膝にしっかり自分の足の裏が当たるようにかけましょう。踵をかけるようにしてしまうと、支える足に力が入らず効果が半減してしまいます。

 

 

柔道を始めたばかりの初心者にとって、投げ技の中でも膝車を覚えるのは比較的簡単とも言えるかもしれませんが、相手を投げるタイミングを掴むのが意外と難しいです。

 

 

そして、この技にいつ入るかがマスター出来れば、他の技でも相手の隙をとらえたり、作るコツが分かってくる筈です。その為には、例えば相手を押し込んで、前に出ようとしたところ捉えるなど、自分なりに工夫をすると良いと思います。
まずは、何度も基本動作を繰り返して、足を出すタイミングを体に浸み込ませるに覚えるようにしましょう。

 

 

投げ技のポイントは、相手の重心が移動する瞬間を狙って、足や体の動きを把握し、自分の投げのタイミングに持ち込む 事です。

この田口教継監修の柔道上達革命DVDは、自分のタイミングに持ち込む瞬間を逃さないように、いかに相手の動きを読み取って投げるかを説明してあります。

 

子供目線での投げ技のコツが満載!

 

柔道上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 

 
購入者の声 柔道の基本 投げ技のやり方 寝技(固め技)のコツ 連絡技のコツ リンク集