身長が高い 投げ技 柔道上達革命 DVD 田口教継

身長が高い相手への投げ技

柔道の基本は、相手としっかり組み合い、崩して技を掛けて投げること。これは小学生の頃から取り組むことがその後の柔道の上達に繋がります。

 

身長が高い

 

その為には、相手のタイプによって投げ技を使い分けられるようになれるといいですね。

 

 

例えば、自分と同じくらい、もしくは身長が高い相手と試合する機会も小学生の頃には多いものですが、その際に懐に入りやすい背負い投げは有効な技になります。

 

 

ですが、ケンカ四つになると背負い投げでは引手を取るのが難しくなるので技に入れないことが多いかと思います。
そこで背負い投げが得意なら、ケンカ四つの相手で自分より背が高い場合の投げ技なら一本背負いが効果的です。

 

 

それにはまず、釣手を持ったら縦手首・縦肘を使って相手との間合いを作り、回転する瞬間に釣手を外手首・外肘に変えて釣手を引き上げ、相手の脇を開かせ腕を上げさせて、自分が回転出来るスペースを作ります。

 

 

スペースが出来たら、タイミングよく軸足を踏み込み回転して投げればいいです
ただ、軸足を支点にして体を回転させる際には、自分の両足が相手の両足と平行になるようにして回転することがコツです。

 

 

回転が足りなかったり、しすぎてしまって、相手と平行にならないと技がかかりにくいですし、逃げられやすいので注意してください。

 

 

また、大きな相手の場合は、釣手を自分の肩よりも高い位置を持つことも重要です。
ケンカ四つでは、釣り手が低いと相手に腕で圧力をかけられてしまい、投げるための回転するスペースを作ることが出来なくなってしまうからです。

 

 

これは一本背負いに限ったことではなく、他の技をかけるときも同じです。
身長が高い相手など、相手のタイプに応じて投げ技を使い分け、豪快に投げるコツを覚えて一本を取れるようになりましょう。

 

あわせて読みたい関連記事

一本背負い

 

 
購入者の声 柔道の基本 投げ技のやり方 寝技(固め技)のコツ 連絡技のコツ リンク集