ケンカ四つ 釣り手 使い方 柔道上達革命 DVD 田口教継

ケンカ四つの釣り手の使い方

柔道でケンカ四つで釣り手の使い方が上手く出来ていますか?
組む際には、ケンカ四つではお互いの釣り手が邪魔をして胸が合わないということがあります。

 

ケンカ四つ釣り手

 

また、小学生で同じくらいの身長と試合する場合でも、釣り手を上か、それとも下から持ちたいのかで駆け引きが必要になり、それだけ組手争いに複雑で難しい技術が求められます。

 

 

その為、どちらで組んでも出せる技を小学生のうちから身につけておくことが大切です。
一方、自分よりも大きい相手の場合は、釣り手を下から持つことが多くなりますが、そのようなときは頭が下がってしまって、不利になりやすいもの。

 

 

そうした時には、縦と外手首を使って腕を開きながら、出来るだけ高い位置を持つと良いです。
逆に相手が小さい場合は、相手の釣り手の上から持つことが多くなります。

 

 

こうした状況では自分の釣り手が緩んでしまい不利な状況になってしまうことがあります。
そこで上から持った場合には、縦手首と顎を使って、腕を閉じるようにして、相手の釣り手が上がってこないようにさせると良いです。

 

 

なお、引き手は単に掴もうとすると、相手に逆に手首を使われて、巻き返されてしまうので、外から抱き込むようにして取るといいかと思います。

 

 

いずれにしても、ケンカ四つは上からから持った場合は閉じる、下から持った場合は開くというように基本的な釣り手の使い方に差があるので、このポイントを押さえておくようにしましょう。

 

 

柔道上達革命DVDの詳細を見てみる >>

 
購入者の声 柔道の基本 投げ技のやり方 寝技(固め技)のコツ 連絡技のコツ リンク集